ちょい・いんふぉ

ちょい、役に立つ情報をお知らせしています。

紫外線の日焼け止め時期は?選び方は?ノンケミカルがいい?

   

お肌を気にしている女性

紫外線からの日焼け止め対策をしておかないと、シミやシワの原因になったりしますので、早めの対策が必要です。

いつ頃から日焼け止め対策をすればいいのか?
日焼け止めは何を選べばいいのか?
また、ノンケミカルがいいって聞くけど、本当にお肌にいいのかについて調べてみました。

スポンサードリンク

紫外線を日焼け止めで守る時期は?

だいぶ暖かくなってきましたが、まだ涼しいから大丈夫と思っていると、取り返しのつかないことになるかもしれないのが、春の日射し、紫外線です。

3月の紫外線は、9月の紫外線と殆ど同じと言われているそうです。
そのため春は、以外と多くの紫外線が降り注いでいることになりますね。

外出も多くなるこの時期に、しっかりと紫外線対策をしておきたいところですね。

そして、春のお肌は紫外線の影響を受けやすい状態と言うことがわかりました。

暖かくなったと思ったら、また寒くなったり、花粉が肌に付着して肌荒れしたり、乾燥したりして、肌のバリア機能が低下しているそうです。

また、3月の肌表面の細胞は、2月に作られたもので、この時期に作られた細胞は、紫外線量が少ないので、一年の中で一番お肌が白い状態にあるそうです。

シミと言うのは、紫外線から肌を守るためにできるものなので、春の色の白い肌に日焼けをすると、夏よりも紫外線のダメージが大きくなってシミを作りやすくなってしまいます。

春の肌は、とてもデリケートな状態で、紫外線に対して無防備で、外出する機会も増えますから、紫外線対策をしっかりして、美肌を保ちたいものですね。

紫外線対策で日焼け止めの選び方とは?

日焼け止めを選ぶときのポイントは、紫外線をカットする力を表す紫外線防御指数という「SPF」や「PA」というのがあります。

それぞれの説明を簡単に紹介しておきます。

「SPF」

紫外線B波をカットする力を表します。紫外線B波は、肌が赤くなってヒリヒリする状態を引き起こす強いエネルギーを持っています。

この赤くなってヒリヒリする状態をサンバーンと言って、このサンバーンが起こるまでの時間を引き延ばす力を表します。
日本人の平均的なサンバーンを引き起こす時間が、約20分と言われています。
「SPF2」と表示されていれば、2倍の約40分まで、日焼け止めを塗ればサンバーンにならないという意味だそうです。

「PA」

紫外線A波をカットする力を表します。紫外線A波は、深部まで達して肌の色を黒くする力があります。
肌の深部まで到達して、シミやシワの原因にもなるそうです。

スポンサードリンク

この深部まで達して肌の色が黒くなる事をタンニングと言って、このタンニングが起こるまでの時間を引き延ばす力を表します。
「+」は、肌の色が黒くなるまでの時間を2~4倍に、「++」なら4~8倍、「+++」は8倍以上引き延ばせるという目安だそうです。

そうすると、紫外線をカットしたいから日頃から「SPF」や「PA」が高いものを選べばいいと思いますが、そんなに簡単ではなかったようです。
数値が高いほどお肌に負担がかかってしまうようです。

よく使われている成分で「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」は、肌への刺激が強く肌荒れを招く事もあるそうです。
毎日使うものは、お肌への負担を考えた方がいいみたいです。

日常的に使うのであれば、「SPF」は20~30ぐらい、「PA」は++ぐらいまでを使うといいそうです。
また、毎日使うのであれば、肌にやさしいノンケミカルがおすすめのようです。

SPF50なのに塗っても白くならないムラにならないのは、紫外線反射成分の酸化チタンなどの鉱物をナノ化することに成功したからだそうです。
このナノ化した紫外線反射の鉱物が肌に入るので白くならないという事だそうで、ナノ化していない安全な日焼け止めを選びたいものですね。

日焼け止めの製品を選ぶ時は、SPFやPAだけで選ぶのではなく、落ちにくい形状やナノ化原料を使っていないか、そして、美容液成分や抗酸化作用のある成分を含んでいるか、パッケージの裏面を確認しながら選ぶといいと思います。

紫外線対策で日焼け止めはノンケミカルがいい?

ノンケミカルというのは、紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めになります。
そのため、ノンケミカルがいいと思います。

紫外線吸収剤は、紫外線をエネルギーに変えて外に放出するもので、エネルギーに変えるときに化学反応で肌に刺激を与えてしまう副作用があるようです。

ノンケミカルは、その代わりに紫外線反射剤が入っています。
紫外線反射剤は、鏡のように紫外線を跳ね返すものになります。そのため、紫外線吸収剤よりも刺激が少ないと言われています。

そこで、調べていたら以下の商品が見つかりましたので、ご参考までにご紹介しておきます。

HANAオーガニックの日焼け止めです。

日焼け止めとダメージケア美容乳液、化粧下地、ライトファンデーションとしても使えるようです。

100%天然のノンケミカルでSPF30、PA++を実現したとか。
UVAやB波をしっかりカットして、お肌を生活紫外線から守れるようです。

また、紫外線反射成分の酸化チタンなどをアミノ酸などでナチュラルにコーティングして、直接お肌に触れないように配慮しているとのことでした。

詳しくは以下よりご確認ください。

まとめ

春は、お肌がデリケートで紫外線の影響を受けやすい季節でした。
日焼け止め選びは、SPFやPAも判断材料として重要ですが、落ちにくい形状やナノ化原料を使っていないものを選んだ方が良さそうでした。
日焼け止めはノンケミカルがいいことがわかりました。ここでは、HANAオーガニックの日焼け止めをおすすめしました。

スポンサードリンク

 - 美容 ,

  関連記事

女性が悩んでいる様子
シミの原因がストレス?内臓によるもの?紫外線以外が重要?

スポンサードリンク 顔のシミについて、原因がストレスなのかなぁ? ひょっとして、 …

お腹の脂肪をつかむ女性
お腹の脂肪が落ちないのはなぜ?腹筋してもダメ?揉むと無くなる?

スポンサードリンク お腹の脂肪を何とかしたい! いつも思っていたけど、なんで脂肪 …

ほうれい線を気にする女性
ほうれい線を消す筋トレ方法?化粧品はフラーレン?

スポンサードリンク ほうれい線が目立つと老けて見えるので、何とか消す方法を紹介し …

ニキビに悩む女性
ニキビの治し方でおでこは?あごは?鼻は?

スポンサードリンク ニキビができたら早く治したいですね。 ニキビのあとが残らない …

髪の毛を切っている写真
くせ毛でショートってはねる?アレンジする方法は?雨の日でも大丈夫?

スポンサードリンク 梅雨の時期や雨の日は、くせ毛のお手入れはとても大変ですよね。 …

浴衣の女性
浴衣の髪型の簡単なアレンジ方法とは?可愛い?男ウケ?

スポンサードリンク 浴衣の髪型はとても重要です。 簡単にアレンジして可愛い髪形で …

悩んでる男性の絵
メンズ髪型でモテるには?くせ毛は?ブサイクでも大丈夫?

スポンサードリンク メンズ髪型でモテるにはどうしたらいいのか? また、くせ毛では …

お尻を手で隠している女性
ヒップアップを簡単にする?ストレッチやマッサージ方法?

スポンサードリンク だんだんお尻のハリがなくなってきた。 お尻がたるんできた。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です